« ハンガリー 街歩き⑧ | トップページ | ハンガリー 街歩き⑩~ポーランド編~ »

ハンガリー 街歩き⑨~ポーランド編~

☆6月20日☆

ピアノ講師の私としては、
やはりポーランドは外せません
だって~
永遠に手の届かないショパンの国なんですもの
1泊ですが、ワルシャワに飛んで
プチショパン気分にひたってきましたー

ハンガリーからは“マレブ・ハンガリアン航空”で、
わずか1時間ちょっとで着くんです近いよねー
3 まさかのプロペラ機

ワルシャワは雨
おまけにめちゃくちゃ寒いー
この日までずっといい天気だったのに・・・
しかしこのどよ~んとした暗さがポーランドっぽい

2011_06200341 空港内もどんより

まずはバスのチケットを買って・・・
2011_06200343 2011_06200345
よくわからんが、40分以内の乗り換えだと
追加料金なしで、
このチケットで乗れるとか乗れないとか~

40分くらい乗ってワルシャワ中央駅で降車。
2011_06200347 2011_06200348
予想に反してかなり近代的びっくりだわー

これは文化科学宮殿かな
2011_06200350 スターリンが建てたんだっけ??

荷物をホテルに預け、身軽になって街歩き開始
ザーッと降ったかと思えば、晴れるを繰り返す、
なんともヘンテコなお天気。

見て見て
横断歩道が鍵盤だよーすっごーい感動

2011_062003552011_06200356
やっぱりクラッシックの本場は違うね
2011_06200358 2011_06200359
ワルシャワには公園がたくさんありました。
のんびりお散歩する人が多いのかなぁ。

2011_06200361 これから開店かな??
2011_06200365 2011_06200368
古いようであたらしい街って感じ。
おや楽器屋さんかな~2011_06200369_2
こんな店も2011_06200370
ハンガリーでもそうだったけど、
日本はアジアなんだなって痛感したね。
日本語だけど中華みたいなー

てくてく歩いて行くと。。。
2011_06200371 ショパン音楽大学(だっけ
以前はワルシャワ音楽院とか言ってたと思うんだけど。
ここを卒業した日本人留学生はたくさんいます
私の先生もこちらで勉強されてました~
2011_06200373 大学の壁は音符ステキ

大学のお隣に・・・
”ショパン博物館”が
2011_06200372
来たよ~フレデリック
ひゃぁー憧れのショパンと近づける~と思いきや、
”今日は休館です”だと。

えぇぇぇぇぇぇー
どーゆーことよ
でも明日はやってるっていうんで、明日もう一度来るよ。

この後大変な雨になり、
いそぎ雨宿りー
2011_06220007 ポーランドのスタバです
左からシナモンロール、プラムタルト、人参ケーキ。
日本のスタバにはないよね・・・

雨もやんだので聖十字架教会方面へ

2011_06220008 バスが黄色でかわいい
2011_06220012 地動説?天動説?コペルニクスさん
2011_06220014 見えてきましたよ~教会
2011_06220015 2011_06220021
おお~っ
ショパンの心臓がここに・・・・
2011_06220018 2011_06220022
1849年パリで亡くなったショパンの心臓が、
この柱に納めてあるんだそうです。
心はいつも祖国ポーランドにあったショパン。
なんだかとっても神妙な気持ちになりました。
あーショパン生きて会いたかった違うかっ

教会を出て旧市街広場方面に歩いていきます
2011_06220023 きれいな街並みです
2011_06220028 2011_06220031_2 2011_06220032
ポーランド人はお花が好きなんだって
街のあちこちにお花が飾ってあってきれい
そうそうポーランド人はアイスクリームも好きみたい
2011_06220026 2011_06220081
ブダペストにもたくさんあったねー。
ヨーロッパ人はアイスがお好き

あちらこちらに立派な建物が
2011_06220033 2011_06220034

これはショパンのサロンかな。
2011_06220039

2011_06220045 これは国立劇場

2011_06220046 SUSHI-BARだって。回転寿司かな。

2011_06220051 これはなんだろう・・・立派
2011_06220055 おや、またまた日本食屋”KIKU”
外看板にやたら日本語が書いてあった・・・

2011_06220057 おっとポーランド初のわんこ
って・・・実はポーランドの人は
勝手に写真撮られるのがお嫌いらしくて、
やっと撮れた貴重なわんこです

楽譜屋さんがあったので寄ってみることに。
どーしてもね、どーしても
こーゆーとこでは長居してしまいます

2011_06220058 030_2
モニューシコ、マギン、マチェイェフスキ等、
知られざるポーランドの作曲家の楽譜が入手でき、
大満足でごわす

2011_06220071 やややっと王宮広場に到着
王宮は第二次世界大戦で完全に破壊されたけど、
1988年に復元され、現在は博物館となってます。
2011_06220072 2011_06220077

王宮前から旧市街方面に歩いていくと・・・
2011_06220078 2011_06220083
2011_06220088 2011_06220090
本で見るまんまだー
とってもかわいいです
このあたりも8割以上が第二次世界大戦で破壊されたけど、
1950年代に、
市民の手で以前の街並みと同じように復元されたんだって。
ポーランドも大変な思いで復興してきたんだろうね。
そうそう、このあたりも世界遺産じゃよ

それにしてもあまりの寒さで、
3人とも疲れ切ってしまいました。
そりゃぁそうだ
3人とも思いっきり夏服だったのだー
幸子さんにいたっては、素足にサンダル
”おかしな日本人ねぇ・・・”と思われても仕方ない位、
薄着でしたの、私たち・・・
絶対15℃くらいしかなかったと思うよ。

なので、このあとはホテルへ直行することに。

       
 
       ハンガリー街歩き⑩~ポーランド編~へつづく

|

« ハンガリー 街歩き⑧ | トップページ | ハンガリー 街歩き⑩~ポーランド編~ »

ハンガリー旅行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「これはなんだろう・・・立派」の建物はワルシャワ大劇場です。
市民がお金を出し合って19世紀初頭に建てられ、20世紀後半までの長い間、世界最大の劇場として知られていました。
ワルシャワっ子自慢の施設です。
実際に内部に入ると誰もが度肝を抜かれます。
もちろん戦争で一旦ドイツに破壊されていますが、戦後20年ほどかけて、当時世界最高の内部設備をもって修復・再建されました。

ワルシャワ大劇場はポーランド金融委員会本部などと並んでポーランド・ネオクラシカル様式(古代ギリシャっぽいテイストの近代建築様式)の典型的な巨大建造物のひとつで、建築史的にもとても貴重なものです。

投稿: ぽよんぴ | 2011年7月22日 (金) 07時58分

♪ ぽよんぴさん ♪

はじめまして。
貴重なコメント、ありがとうございます
ぼんやり歩きながら、
目に着いた建物などを写真に撮ったのですが、
さっぱりわからなくて・・・(汗)
素晴らしい建物だったのですね。
ポーランドの復元力はすごいんですね

投稿: ぐっち | 2011年7月22日 (金) 12時36分

さすが、ショパンの国だね~。
横断歩道が鍵盤って!!なんてカワイイの♪

そうだよね~。ぐっちさんはピアノの先生なんだもんね。
ピアノが弾けること自体、素敵
私は子供の頃で脱落・・・。
今となってはピアノが弾ける大人の女に憧れるーーっ

投稿: rinko | 2011年7月27日 (水) 19時29分

♪ rinkoさん ♪

そーなのよー
一応ピアノ講師だわさ
日本人にはないよね、
横断歩道を鍵盤にするなんて

投稿: ぐっち | 2011年7月28日 (木) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリー 街歩き⑨~ポーランド編~:

« ハンガリー 街歩き⑧ | トップページ | ハンガリー 街歩き⑩~ポーランド編~ »